読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

So I did.

って、一体なにをやったかといいますと、フェイスブック(以下FB)に、とある写真を掲載してみたのです。どんな写真かといいますと、これです。
f:id:Lacy:20110524032714j:image
これはなにかといいますと、ある日、UPSによって配達されてきた、私がオンラインでオーダーした品物の箱です。ご覧のように、見るも無残に箱がつぶれ、それをテープでぐるぐると簡単に措置されて届けられました。
見た瞬間、唖然としました。一体どうしてこんなことに?
しかも中身は到着を楽しみに待っていた、ちょっとだけ高価なものだったので余計にショックでした。
幸いにも中身の破損、紛失はなかったのですが、頑固な私は納得が行かなかったのです。
で、前に書きましたけれど(ここを読んで見て下さい)、FBのことを思い出したわけです。

まずは自分のページに投稿してみると、お友達からの「こりゃひどい」といった反応が。
そして、該当する企業のページに投稿してみると、なんとすぐにカスタマーサービスから電話がかかってきました。素早い対応にはびっくり。そして丁寧なお詫びの上に、「次回の」(今回ではなく)お買い物の時のディスカウントのオファーを頂き、さらに「キャリアー=UPSには厳重に注意しておきます」とのコメントを頂きました。考えてみれば、今回の箱のアクシデントでは、この企業自体にはなんの問題もなく、箱を運んできたUPSに落ち度があったはずです。が、しかし、こうした素早くそこそこ手厚いカスタマーケアを受けて、嫌な思いをする客がいるはずもなく、私の怒りもすっかり冷めていきました。

が、その後で、今度はUPSに対する不満が!!だって、そうでしょ!!もっとプロフェッショナルとして丁寧に箱を扱ってくれれば、こんなことは起きないはずです。そこで今度は同じ投稿をUPSのFBページにしようと試みた(私もしつこい)。
ところがどっこい。想像するに、こうしたトラブルは日常茶飯事なんだろうね。FBのUPSページでは、カスタマーが自由に写真を投稿できないようになっていた!!!しかも、すでに残されているコメントを読んでみると、カスタマーが投稿したコメントは、すぐにUPS側によって削除されている模様、その理由が「あまりに数が凄すぎるので」。。。
なんだ、そりゃ。

そして次の日。今度はこれが。これまたUPSです。
f:id:Lacy:20110525233441j:image
f:id:Lacy:20110525233356j:image
まぁ、これは最初の箱に比べればまだ原型をとどめていますが、こんなことが2日続けて起きると、ちょっと嫌気もさしてきますね。

あ、それにしてもお買い物が続いている?「今年の抱負」はどうしたんでしょうか???笑