読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不況こそチャンス!---「好きなこと」を仕事にした起業家たち

米経済の悪化を受けて失業や解雇の嵐が吹き荒れるなか、その逆風を方向転換のチャンスととらえ、新たな道を進み始めた人々がいる。長年の夢や趣味をキャリアにしようと、美容院や時計店など新たな事業に挑戦するケースも多い。不況下の起業はリスクが大きいが、経費が安く済むなどの利点もあるようだ。

イリノイ州シカゴに住むジェニファー・ジャクソンさん(39)は大卒後12年間、電気エンジニアとしてモトローラ、AT&Tなどの大企業で活躍してきた。だが景気の悪化にともない、エンジニアの求人は激減。「この機会に発想を切り替えよう」と決心し、昨秋美容室を開業した。子どものころからの夢だった美容師となって、多忙な毎日を過ごしている。

テキサス州ヒューストンのローラ・ウォルダスキーさんは有名ブランドのデザイナーだったが、先月、オリジナルのアクセサリー店を開いた。数カ月の失業期間を経て、長年の趣味を仕事にしようと思い立ち、預金をつぎ込んで開店にこぎ着けたという。「ずっと他人の会社のためにお金をもうけてきたけれど、今度は自分の才能を自分自身のために使いたいと思ったのです」と、目を輝かせる。

同州アーリントンでは、IT企業のサラリーマンだったジム・ペンソンさん(55)が、音楽講師に転身した。04年、ITバブルの崩壊で職を失い、800通以上の履歴書を送っては突き返された末、「残ったのは趣味のカントリー・ミュージックだった」という。バンジョーマンドリンの教室を立ち上げて、20人以上の生徒を集め、何とか生計を立てている。

ニューヨーク州ハーツデールで時計店を始めたのは、ウォール街の金融マンだったウォルター・カーシュバウムさん(63)。2年前に解雇されたが、60代で新たな職を見つけるのは難しかった。趣味は古時計の収集、特技は時計修理。それらを生かして、年中無休で店に立つ。「失業前の仕事と違って華やかさも権威もないが、楽しい毎日。妻と2人で食べていくだけの収入はある」と、満足げに話す。

厳しさを増す米国内の雇用状況。毎日どこかの大手企業が人員削減を発表し、金融や法律などの分野ももはや安全ではなくなった。学歴が豊かな収入につながるという図式は、すでに崩壊している。

小規模企業の経営は、通常でも決して簡単ではない。起業後1年生き残る会社は8割、4年では半分以下という統計もある。まして信用収縮が深刻化する昨今、起業家は相当のリスクを覚悟する必要がある。

一方、専門家らによれば、景気の悪い時は家賃や広告料が安くなる傾向があり、求職中の有能な人材を確保できる確率が高い。また既存の競争相手も体力が弱っているため、新参者が市場シェアを奪い取るには絶好のチャンスかもしれない。

過去の例をみても、日用品大手のプロクター・アンド・ギャンブルは1837年の恐慌、運送大手フェデックスは1973年の石油危機という時代にそれぞれ設立された。「リスクはもちろん怖いけれど、その分だけ希望も大きい。逆風にさらされるままじっとしているより、未来にかけるほうがはるかに良い」と、起業家たちは口をそろえる。 (CNN)

暗い話題が多い中でこういう話があると、なんだか嬉しくなったりします。