読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

素晴らしいことだ!

米小中学校 コーラの販売全面停止へ  
 米国飲料協会(ABA)は4日までに、小中学校でのコカ・コーラなど糖分の多い清涼飲料の販売を3年後に全面的に停止すると発表した。2008年の新学期から全米の75%の学校で販売をやめ、09年の夏休み後の新学期から全面停止する。

 米国では子供の肥満が増えており、学校の自動販売機や食堂で簡単に手に入る清涼飲料に批判が集まっていた。

 コカ・コーラなど伝統的な清涼飲料は姿を消し、販売できるのは、水のほか、加糖していない果汁100%のジュース、脂肪分の少ない牛乳だけとなる。

 米国では成人の約3人に1人が肥満とされ、この傾向が子供にも広がり深刻な社会問題となっている。協会にはコカ・コーラペプシコなど清涼飲料大手が加盟。昨年夏には学校で販売できる清涼飲料の種類を制限する自主規制を始めていた。 (共同)



素晴らしい、大賛成。

喉が渇いたら、水、水でいいのよぉ。

もっとも、アメリカ人の肥満の原因はソーダだけが原因ではないと思いますが。