読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この間びっくりしたこと。

3月末の私のお誕生日に、我家のゴールデンリトリーバー犬シェルビーから、ママへのプレゼントとして「Starbucksスターバックス)のギフトカード」を頂いた。って、まさか本当に犬がくれたわけじゃなくって、夫の計らいではあるのだけれど、「シェルちゃんがコーヒーご馳走してくれるわ」と喜んで、カードを持参してへ本屋へお出かけした時のこと。

アメリカではたいていの本屋さんにカフェが併設されていて、本を立ち読み(実際には床に座ったり、カウチに座ったりしているが)しながらコーヒーが飲めるのだ。

私が割りによく行く全米チェーンの本屋さん「Barnes & Noble」(バーンズ&ノーブルズ)は、その入り口には大きくStarbucks(スターバックス)のロゴマークの看板が掲げてあるので、てっきり私はそこにスターバックスカフェがあるものだと信じ込んでいた。

が、違っていた。

レギュラーコーヒーをオーダーして、張り切ってシェルちゃんから頂いたギフトカードをカウンターのお姉さんに差し出すと、そのお姉さんはこう言ったのだ。

「うちはスターバックスのコーヒーをお出ししているだけで、「バーンズ&ノーブルズ・カフェ」なんです。だからスターバックスのカードは使えません」

・・・・なにそれ?

そんなのあり?

コーヒーだけではなく、他のもの全部スターバックス・メニューだし、店内全部がスターバックスになっているのに、「スターバックスじゃない」だとぉ。「バーンズ&ノーブルズ・カフェ」だとぉ。

だったら「バーンズ&ノーブルズ・カフェ」のロゴを使えよ!!(そんなもんがあるかどうか知らないけれど)でもって、そのロゴの下に小さく「当店ではスターバックスコーヒーを使用しております」って書いとけよ!!

それにしても、一体何人もの人が、あのカフェを「スターバックスではない」と認識していることだろう。疑問。

と、なんとなく腑に落ちなかったので、後日スターバックスのサイトで調べてみると、こう書いてあった。

Your Starbucks Card is accepted at most Starbucks locations in North America.
At this time, the Starbucks Card is not accepted at all airport, grocery, bookstore, casino, university, and hotel locations; nor at stores in Puerto Rico or Guam.

「北米にあるたいていのスターバックス店で使えますが、今現在においては、空港、スーパーマーケット、本屋、カジノ、大学構内、ホテル内にあるお店では使用できません。」だってさ。

やっぱ、あれはスターバックスなんじゃないの。

それにしても、早くカードが使えるようにして欲しいわ。