イチロー震災10年インタビュー(下) 震災後の結論「野球をしなくては」

神戸に「行く」ではなく、「帰る」と、イチロー選手(31)は表現する。阪神・淡路大震災については「忘れない」ではなく、「忘れられない」。十年前、神戸市西区学園東町にあるプロ野球オリックスの合宿所「青濤館(せいとうかん)」で震災に遭った。ここ数年、一月十七日には神戸で黙とうをささげる。イチロー選手にとっての「1・17」とは-。

 もちろんあの時間、みんな寝ていて、何かものすごい音がしたんです、最初。トラックが突っ込んだのかと思ったら、直後に揺れが始まった。部屋が確か四階だったのですが、屋根か床が抜けるかと。ただ事ではない。命の危険を感じましたね。

 結局、青濤館は大丈夫だったんですが、パンツ一枚で食堂まで行きました。誰かの顔を見るとほっとするので、みんな集まったんですよね。

 しばらくしたらテレビがついて、高速道路やビルが倒れていた。自分が体験したあの揺れよりひどい所であれば、当然そうなるだろうし、テレビの画面を見ても不思議ではなかった。

 知っている人たちに電話しました。皆、無事だった。実家に連絡すると、おやじは歯磨きしていたみたいで、まったく分かっていない。慌ててテレビをつけていました。

 ▼二月一日からの沖縄・宮古島でのキャンプはもちろん、二カ月半後の開幕も危ぶまれた。

 キャンプは無理だろうと、すぐ思いました。それどころでないという雰囲気。

 地震の直後に、(チームの中で)自分たちはどうしたらいいか話し合ったんですけど、結局、行き着いたところは、僕らは野球をしなくてはいけない、ということ。通常通りの開幕に向けてやることが、僕たちが一番やらなくてはいけないことだという結論になりましたね。そのために、じゃあ、どうしたらいいか、それぞれが考えた。

 キャンプは一月三十一日に関西国際空港に行ける者は集まるということになったが、最終的にみんな集まった。うれしかったですね。野球をやろうと、皆が思っていた。

 ▼「がんばろうKOBE」のワッペンを袖に付けてブルーウェーブは快進撃した。 

 ワッペンに思い入れはありますよ。でも、実は、僕はあれがあんまり好きではなかった。表に付いているから。

 例えば、けがをした選手の背番号を帽子に書いたりすることがありますよね。アメリカで始まって、日本の選手もやたらやっていたみたいですけど。僕は、ああいうのは心や気持ちの問題なんだから、付けるのなら裏に付けてもらいたい。見えない所に。それで、そのことが知れ渡るのなら、いいです。どかーんと見せるというのは、ちょっとやらしいなと思う。

 ただ、それと、「がんばろうKOBE」のワッペンとは違う。あのワッペンを見て、被災した人たちが一緒の気持ちになってやれるという面があったんで、(よいか悪いかの判断は)難しいですけど。僕の気持ち的には、裏側に付けるのが本当だと思います。

 ワッペンを取るタイミングもすごく難しかった。僕は日本一になったとき、取るべきではないかと意見を出したんですけど。時機を逸すると、ずーっとになってしまうから。

 ▼今年も例年通り神戸で自主トレを始める。

 神戸が好きだから。それが、自主トレをここで始める一番の理由です。練習場がほかにあっても、それ以外の土地に行くかどうか分からない。逆に練習場がなくても、オフには神戸に帰ってくると思う。将来どうなるか分からないですが、僕は神戸とは一生付き合っていくと思います。

 今年、自主トレを始める日はまだ決めていません。一月の中ごろには始めます。

 イチロー選手にとっての一月十七日とは。

 あの日のことを、僕らは、被災した人たちは、いつだって忘れることはないんですが、もう一度、しっかり自分の記憶、気持ちの中にとどめる日ですよね。

 それと、前に進んでもらいたい。後ろ向きにならずに。十年たったわけですし、忘れるという意味ではなく、気持ちを切り替えられる区切りになると思うんですよね。

 僕は、次に起こることは何か、いま何をすればいいのか、いつも考えます。無駄というか、生かされないことの方が多いんですが、考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになる。それぞれの生活の場で、考える内容や質は変わるでしょうけれど、考えてみてほしい。僕も新しい年、無駄なことをたくさん考え、そこから新しい何かが見えてきたらうれしいですね。

イチロー震災10年インタビュー(上) この街が「第2のふるさと」

あの年、野球に私たちは勇気づけられた。阪神・淡路大震災に遭った神戸を舞台に、オリックス・ブルーウェーブは初めてのパ・リーグ優勝を果たした。翌年には日本一に。ヒットを打ち続けたイチロー選手(31)は、二〇〇〇年の渡米後も勢いは止まらず、昨年は米大リーグの年間最多安打記録を八十四年ぶりに塗り替えた。神戸から巣立ったヒーローは、今も神戸を励まし続けている。イチロー選手に震災十年を迎える神戸への思いを聞いた。

(聞き手 宮沢之祐、木村信行)

 道は誰かに造ってもらうのではなく、自分で切り開いていくもの。そう思っています。でも、震災に遭った一九九五年は、何かに導かれるような感じでしたね。自分以外の何かの力が働いているような。

 自分よりも、他人のことを先に考えるなんてことを、僕たち野球選手はあまりしない。けれども、九六年までの期間だけは違っていた。人のためにやろうという意識が強かった。

 震災で傷ついている人たちが球場にやって来て、スポーツを見ることで、つらいことを忘れようとしている。そんな雰囲気があった。街に出れば、震災に遭った人たちが、僕に何かを託していると感じることができました。

 人のために何かをしようとしたときは、だいたいうまくいかないもの。なのに、九五年優勝、九六年日本一と、あんなにうまくいっちゃって。ちょっと錯覚しましたよね。

 ▼その後、ブルーウェーブのチーム成績は低迷し、観客数も減っていった。イチロー選手は、そんな状態にいら立っているように見えた。

  当時の僕は、(人気を盛り返すことに)何かできると思っていたんじゃないでしょうか。何をすれば見る人が喜ぶのか。あのころは、それが第一にきていた。

 でも、昨シーズン(二〇〇四年)をやっているうち、それは間違っていたと思いました。一人の人間ができることは限られていて、一人の力や思いで世の中を変えることは無理だ、と。世の中の流れに乗って何かを変えたり、きっかけを作ったりは、できたとしても。

 自分の力をあまりにも過大評価していた。一種の思い上がりですよね。

 ▼厳しく過去を総括するイチロー選手。〇四年に何があったのか。

 〇三年のシーズンが終わったとき、自分勝手にやらしてもらおうと思ったんですね。ちょっと表現が悪いですけども。自分が満足したり、面白くなかったりしたら、見ている人だって面白いと思わないんじゃないか、と。

 〇四年は人を喜ばせようと思ったわけではない。誰かを勇気づけようとしたわけでもない。自分自身のためプレーをした。その結果、世の中の人に何かを感じてもらった。楽しんでもらえたわけですよ。

 観客を増やそうと思いながらプレーしても、できなかった。なのに、〇四年はそんなことを考えていないのにできた。面白いですよね。

 ▼同じ年、ブルーウェーブの名前は消滅した。

 寂しいですよ、もうないわけですから。

 ドラフトで指名されたときは、ものすごく嫌だった。全然なじみがなく、ネガティブなイメージしかなかった。名古屋を離れたことがなかったから、不安な気持ちにもなったし。でも、プロに入ることを目標にしていたから、入団させてもらった。

 三年目に(日本の最多安打記録を更新し)世の中の人に見てもらうようになったんですけど、三年間が大きかった。今ある僕の人格だとか性格だとか考え方というのは、ほとんど神戸で作られたものなんですよね。一番何かを感じて成長する時期に、神戸にいた。出身は愛知県ですが、僕にはふるさとが二つある。

 米国に行っても気になるのは、ほとんどオリックスだけです。もちろん(西武の)松坂や(巨人の)上原は、個人として興味がありますが。

 新しい監督が仰木監督と聞いて、それは僕にとっても救いでしたね。違う監督なら、興味がかなり薄れたかも知れない。今年も気になるチームです、もちろん。

 ▼「市民球団」を名乗っていたオリックスが、本拠地を大阪との併用にする。

 日本では、ユニホームに大きく企業の名前が出るから、なかなか市民球団という意識は出にくいですよね。胸にどんと「KOBE」と書いてあれば違うでしょうけど。

 ただ、神戸という土地でなら市民球団を育てられるんではないかと、僕は感じていたんですけどね。

 どうしてか? 人が熱いですよ。震災があって、球場に行くのだって難しい状況で、あれだけ人が集まったんですから、その時点で熱いんじゃないでしょうか。熱くなれるし、ちょっと上品だし。

 もっと厚かましく、自信を持っていいとは思う。海も山もあって、日本でこんなきれいな街はあんまりない。その気になったら、神戸は活気のある街に絶対なるはずです。

 

 イチロー 本名・鈴木一朗。愛知県出身。愛工大名電高から1991年、ドラフト4位でオリックス入団。登録名を「イチロー」にした94年、年間210安打の日本プロ野球最多安打記録を達成。同年から7年連続で首位打者。2000年オフに米大リーグのマリナーズ入り。01年、首位打者盗塁王となり、ア・リーグの新人王、最優秀選手に選ばれた。04年は月間50安打以上を3度マークし、年間262安打で大リーグ最多安打記録を更新。首位打者にもなった。180センチ、77キロ。

ヨーグルト 新フレーバー発見

f:id:Lacy:20171206031006j:image

f:id:Lacy:20171206031040j:image

どちらも トレジョ

グリーンティーの方は 味がちょっと薄いなぁ

でもアボカドは結構美味しい。

 

オレンジ色の人達

随分と明るいオレンジ色の作業着を着てる人がいるなぁと思って その横を通り過ぎて驚いた!

だって 背中に「inmate」って書いてあるのよ!

よく見たら 停まってるトラックは シェリフのだし!

 

あれかねー 出所間際とか 成績のいい人とか そう言うのなのかなぁ。

 

ちょっとびっくりした出来事。

f:id:Lacy:20171109034253j:image

 

久米宏氏 日本人は“1億総オリンピック病”に蝕まれている

メディアは24日に開幕まで3年を切ったと大ハシャギ。9条改憲共謀罪築地市場移転も東京五輪にかこつけ、押し通す。「そこのけそこのけオリンピックが通る」の狂騒劇に招致段階から反対し続けているのが、日本の放送史にその名を刻む元ニュースキャスターでフリーアナウンサー久米宏氏。歯に衣着せぬ舌鋒の鋭さは健在だ。

  ――先月放送の「久米宏 ラジオなんですけど」(TBSラジオ)のリスナー国民投票には驚きました。2000票超のうち「今からでも東京オリンピックパラリンピックは返上すべき」が83%に達しました。→https://www.tbsradio.jp/157179

 石原慎太郎さんが東京でやるって言った時から、僕は反対しているんで。リスナーの方々も僕に「忖度」して反対が多くなるとは思っていましたけど。予想以上でしたねえ。

――前回の東京五輪を経験した年齢層ほど「返上」の割合が多い。

 64年大会には意義があったと感じているのでしょう。開会式前夜はどしゃ降りで「明日はとんでもないことになるぞ」と思ったら、朝起きると、雲ひとつない快晴でね。この光景が非常に示唆に富んでいて。戦後20年足らずでオリンピックをやるなんて奇跡です。当時は日本人が自信を持ち、世界に復興をアピールできたけど、今回は何の意義があるのかと疑問に思っているのでしょう。

  ――都心では「レガシー」とか言って再開発がドンドン進んでいます。

 僕がオリンピックに反対する大きな理由は、これ以上、東京の一極集中は避けるべきと考えるからです。既にヒト、カネ、コンピューターが集まり過ぎ。オリンピックは日本中の財や富をさらに東京に集中させます。首都直下型地震が起きたら、日本の受けるダメージが甚大になる。

――直下型地震はいつ起きても不思議はない、と危ぶまれています。

 日本で開催するにしても東京だけは避けるべきなのに、ホント理解できません。

■酷暑の開催は非常識の極み

  ――この季節、東京はうだるような暑さが続いています。

 競技を行うには暑すぎます。台風も来るし。日本にとって最悪の季節に開催するのは、アメリカ3大ネットワークのごり押しをIOCが聞き入れているだけ。今からでもIOCに10月に変えてと懇願すべきです。

  ――アスリートファーストをうたいながら、選手には過酷な環境です。

 ウソばかりつきやがってって感じですよね。なぜ真夏開催でOKなのか。本当に聞きたいんです、組織委の森喜朗会長に。アンタは走らないからいいんだろ、バカなんじゃないのって。この季節の開催は非常識の極み。開催期間の前倒しは難しいけれど、3カ月ほどの後ろ倒しは、それほど無理な注文じゃないと思う。工事のスケジュールも楽になる。絶対に開会式は前回と同じ10月10日にすべき。それこそレガシーですよね。

――こうした不都合な真実を報じるメディアも少ない。朝日、読売、毎日、日経が東京五輪の公式スポンサー。いわば五輪応援団です。誘致の際の裏金疑惑などを追及できるのか疑問です。

 国際陸連の前会長の息子が、黒いカネを派手に使ったって、みんな気付いているんですけど。なんで追及しないのかねえ、あんな酷いスキャンダルを。

――幼少期からオリンピック嫌いだったそうですね。その理由もメダルのことばかり騒いでいるのが疑問だったとか。

(おもむろに分厚い資料を出し)間違ったことを言っちゃいけないと思ってオリンピック憲章をプリントアウトしました。第1章6項1に〈選手間の競争であり、国家間の競争ではない〉、第5章57項には〈IOCとOCOG(オリンピック組織委員会)は国ごとの世界ランキングを作成してはならない〉とある。

  ――どの国が何個メダルを取ったかの競争を禁じるようにしっかり明文化しているのですね。

 ところが、日本政府はもう東京五輪の目標メダル数を発表しているんです。(別の資料を取り出し)JOCの発表は「金メダル数世界3位以内」。選手強化本部長は「東京五輪を大成功に導く義務があり、それにはメダルの数が必要」と言っていますが、ハッキリ言ってオリンピック憲章違反。国がメダルの数を競っちゃいけないのに、3年も前からJOCがメダルの数を言い出す。こういうバカさ加減が、子供の頃から変だと思ったんでしょう。

――お子さんの頃から鋭かったんですね。

 しかも、メダルの色や数で競技団体が受け取る助成金まで上下する。差別ですよ、完全に。

■「今さら」ムードが国や組織を誤らせる

  ――普段から憲法を無視し、そのうえオリンピック憲章違反とはルール無用の政権ですが、丸川珠代五輪相も昨年ラジオのゲスト出演をドタキャンしましたね。

 出演交渉したら「喜んで行く」と言ったんですよ。久々に会うから楽しみに待っていたのに、政務がどうとか言ってね、1週間前にキャンセル。理解に苦しみます。

  ――反対の意見は聞きたくないという今の政権の姿を象徴しています。

 自分たちに非があるって分かっているんじゃないですか。プロセスがちっとも民主的じゃないですから。五輪開催について都民の声を一切聞かない。巨額の税金を使うのに、都民に意見を聞かずに開催していいのか。非常に疑問です。今からでも賛否を問う住民投票を行う価値はあります。

――多くの人々は「ここまで来たら」というムードです。

 それと「今さら反対してもしようがない」ね。その世論が先の大戦を引き起こしたことを皆、忘れているんですよ。「もう反対するには遅すぎる」という考え方は非常に危険です。日本人のその発想が、どれだけ道を誤らせてきたか。シャープや東芝も「今さら反対しても」のムードが社内に蔓延していたからだと思う。

  ――都民の声を聞くのはムダではない、と。

 90%が反対だったら、小池都知事も「やめた」って言いやすいでしょう。彼女はあまり五輪に賛成ではないとお見受けします。石原さんが決めたことだしね。五輪を返上すると、違約金が1000億円くらいかかるらしいけど、僕は安いと思う。それで許してくれるのなら、非常に有効なお金の使い道です。


  ――24年夏季五輪招致に乗り出した都市も住民の反対で次々断念し、残るはパリとロサンゼルスのみ。IOCも28年大会に手を挙げる都市が現れる保証はない、と2大会をパリとロスに振り分ける苦肉の策です。

世界は気付いたんですよ、五輪開催の無意味さを。ソウル大会以降、開催国の経済は皆、五輪後に大きく落ち込みました。リオも今酷い状況らしい。しょせん、オリンピックはゼネコンのお祭りですから。つまり利権の巣窟。一番危惧するのは、五輪後のことを真剣に考えている人が見当たらないこと。それこそ「オリオリ詐欺」で閉会式までのことしか誰も考えていない。国民が青ざめるのは祭りの後。いいんじゃないですか、詐欺に遭っている間は夢を見られますから。今は豊田商事の証券を持っている状況です。

  ――また古いですね。

 結局、日本人はスポーツが好きなワケじゃない。オリンピックが好きなだけなんですよ。ノーベル賞も同じ。科学とか文学とか平和が好きなんじゃない。あくまでノーベル賞が好きなんです。

  ――確かにオリンピックの時しか注目されない競技があります。

フェンシングとかね。カヌーもリオで日本人が初の銅メダルを獲得した途端に大騒ぎ。異常ですよ。日本人はカヌーが好きなんじゃない。オリンピックが好き。メダルが好きというビョーキです。

■最後まで反対だけどいついつ粛清されても……

  ――世間はオリンピックのことなら何でも許される雰囲気です。

 ラジオで「オリンピック病」の話をしたら、モンドセレクションも加えてくれって電話が来ました。いっそ立候補する都市がもう出ないなら、IOCもずっと東京に開催をお願いすればいい。一億総オリンピック病なら安心でしょう。IOC本部もアテネ銅像も全部、東京に移しちゃって。

  ――五輪反対を公言する数少ないメディア人として、向こう3年、反対を言い続けますか。


 何で誰も反対と言わないのか不思議なんですよ。そんなに皆、賛成なのかと。僕は開会式が終わっても反対と言うつもりですから。今からでも遅くないって。最後の1人になっても反対します。でもね、大新聞もオリンピックの味方、大広告代理店もあちら側、僕はいつ粛清されても不思議ではありません。

(聞き手=本紙・今泉恵孝)

 

▽くめ・ひろし 1944年、埼玉県生まれ。67年、早大政経学部卒業と同時にTBSに入社。79年に退社してフリーに。現在は、TBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」にレギュラー出演中。