読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

dinner at Nobu 57

The Towerに一泊した日の夕食は、57番街にある「Nobu57」で頂きました。
世界的に有名な松久信幸シェフと、俳優ロバート・デ・ニーロが共同出資している人気の高いレストランです。

まずはビール。もちろん「一番」。

f:id:Lacy:20160507203659j:image

ハマチの刺身ですが、ゆずの利いたソースと、ハラピーニョ(メキシコの唐辛子)で頂きます。

 

f:id:Lacy:20160507203716j:image
サーモンのたたき。こちらもゆずの香りの利いたソースと、バジルのソースがかかっていました。
Salmon Tataki with Yuzu ponzu 23
f:id:Lacy:20160507203732j:image
小エビの天ぷら。ちょっとピリ辛なマヨネーズの様なソースで和えられていました。
f:id:Lacy:20160507203748j:image
おいしいお酒が飲みたかったので、ウェイトレスに薦められてこれを。きりっとしていて飲みやすかったです。
f:id:Lacy:20160507203801j:image
タラの味噌漬け。
f:id:Lacy:20160507203814j:image
和牛の陶板焼き
f:id:Lacy:20160507203827j:image
お寿司は1オーダーで一貫しか来ないのです。しかし、ネタの新鮮度はさすがです。
左から、大トロ、カンパチ、さわら、アジ、ホタテ、ウニ、うなぎ。
ちなみに大トロ、一貫14ドル。ウニとうなぎがそれぞれ10ドルで、さわらが一番安くて4.75。
f:id:Lacy:20160507203843j:image
f:id:Lacy:20160507203859j:image
f:id:Lacy:20160507203914j:image

お店の中の様子はこんな感じ(画像は拝借したもの)

f:id:Lacy:20160509001351j:plain

f:id:Lacy:20160509001442j:plain
寿司カウンターには「アジア人」の寿司職人がずらり、と。

f:id:Lacy:20160509001358j:plain

そうそう、この方、Howard Stern がきれいな女性とお食事されていましたよ。

f:id:Lacy:20160509001733j:plain

憧れのお店でのお食事、満喫いたしました。