読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供より性欲優先の母親を擁護するな!

川崎の上村くん殺害事件に関して、
5人の子供を育てるシングルマザーを
批判してはいけない、子供を亡くした母親が
一番悲しんでいると弁護する風潮がある。

わしはこの意見は間違いだと思っている。 

母親個人を批判したり、バッシングするためではない。

子供の不良化や、子供が加害者あるいは
被害者になる危険性を阻止するための、
親の役割と責任を考えなければ、同様の事件を
将来的に減少させることはできない。

シングルマザーはすべて気の毒などと
決めつけるのは差別であり、両親が揃っていようと、
片親だけだろうと、子を育てる親には全員、
子を守る責任がある。 

上村くんの青タン写真はあれでも腫れが
引いた顔であって、殴られた直後は
アンパンマンみたいに腫れ上がって、
赤く、ブヨブヨになっていたらしい。

そんな顔を見て、母親がパニックにならなかったのは
「常識」が欠如しているからである。

わが子に危害を与える不良と接触させない
というのは、親の最低限の「常識」だろう。

週刊新潮によれば、上村くんの通夜の席で、
母親をビンタした女性がいたという。

上村くんの母親の知人女性だが、彼女は
男とはせめて外で会いなさいよ!
子供たちの居場所がなくなっちゃうじゃないのよ!
と母親を叱ったことがあったらしい。

家に帰らなくなった理由を、上村くんは
家には、親の男がいる」と言っていたそうだ。 

最近は子を持つ母親が、「私だって母である前に
女よ」と主張するエロママ病が流行っている
ようだが、5人も子供がいる母親が、まだ
「母である前に女よ」と思っていること自体が、
「非常識」なのだ。

子供より性欲優先は異常である! 

上村くんの殺害に関わる不良たちは、全員、
親が「非常識」で子育ての資格がない。

多分、今回の事件のあとでも、川崎だけでなく
全国の不良の親たちは、何も反省しないし、
何も行動をとらないし、我が子の不良化に
無関心のままだろう。 

父親も母親も、獣欲だけで子供が生まれたでは
済まない。

子供を産んだら、真っ当な人間に育てる
責任が発生する。

そんな「常識」すら失われてしまったのだろうか?

 

小林よしのり(漫画家)

昭和28年福岡生まれ。昭和51年、大学在学中にギャグ漫画家としてデビュー。代表作に『東大一直線』『おぼっちゃまくん』など多数。平成4年に世界初の 思想漫画『ゴーマニズム宣言』を連載開始。また季刊誌『わしズム』では責任編集長を務めている。最近は、AKB48が超絶お気に入り。永久推しメンは大島 優子ちゃん。日々刻々と推しメンが増えDD状態。