読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teacher Appreciation Gifts

いよいよというか、とうとうと言うべきか。今年も無事1年が終わり、終業式がやってきました。ムスコは私立のカソリック校に通っていますが、どうも人数が少ない年にあたったようで、生徒数16名でクラスはたったの1クラス。それでもそれだけに密度の高い教育を受けさせてもらっているようで、親としてはとても満足しています。何より本人が、学校が大好きで、先生が大好きで、お友達が大好きで、これまで一度も「学校へ行きたくない」などということを口にしたことがないというのは、本当に恵まれたことだと思っています。

さて、終業を迎えるにあたって、最後の一仕事。それは先生宛の小さなギフトの準備です。クリスマスとこの終業式の時は、これに頭を悩ませてしまいます。かと言って、いつもギフトカードではつまらないと思うし・・・。

そこで、とにかくお世話になった(そしてムスコの一番大好きな先生)担任の先生には、今年はこんなギフトを。りんごのアップリケのついたキッチンタオルを見つけたので、それに合わせて「キッチングッズ」で揃えてみました。どうして、りんごかって?アメリカ(デンマークとスウェーデンもそうらしいけど)では「りんご」は「先生」の象徴として理解されているのです。(その由来についてはいろいろ説があるようですが)。
てんとう虫のデザインがついた可愛いブラシと、それから天然ハーブのハンドクリームを添えて。タオルとブラシは糸で縛って包んでみました。
f:id:Lacy:20110622033522j:image
そしてこれをギフトバッグに詰めて・・・
f:id:Lacy:20110622033444j:image
アメリカのギフトラッピングで忘れてはいけないもの!!袋の上にくしゃっとのせる通称「ティシューペーパー」!!
f:id:Lacy:20110622033544j:image

他に、日常的にお世話になるスタッフ宛には、気軽なものがいいだろうと思い、当初は「チョコレートにしようかな」と思っていたのですが、やっぱりそこはヘルシー志向の我が家のポリシーに反する!(笑)と、オーガニックのグラノラバーを選択。これにちょっと手をかけてラッピングしてみました。
スクラップブックに使う少し厚めの紙を、グラノラバーの箱の幅に切ります。そしてそれで箱をくるっと包めば出来上がり。
f:id:Lacy:20110622034102j:image
f:id:Lacy:20110622033606j:image
そして正面の中央に、手作りのギフトタグを飾って。このタグを作るのに手間がかかってしまった。。。こんなこと、慣れている人だったら「へのかっぱ」なんでしょうけど。まずは気に入ったフォントを見つけるところから始めて、それをダウンロードし、そしてデザインして、クリップアートを探して・・・。「Thank you」と名前だけはプリントしておいて、スタッフの名前だけ、後でムスコが手書きで書き込めるようにしました。
f:id:Lacy:20110622033626j:image
f:id:Lacy:20110622033634j:image

そしてクラスのお友達にはムスコの手書きメッセージカードに、先日の遠足で行った際に撮った集合写真のコピーを同封して。メッセージカードはオンラインストアで買ったデザインをダウンロードして、自分でカードストックにプリントしました。宛名はこれも子供が好きそうなフォントを使って、それぞれの子供の名前をラベルにプリント。封筒はステープルズで買いました。
f:id:Lacy:20110622033814j:image

ムスコは先生宛と、お友達宛と、25通くらい手書きでメッセージを書くことになったけど、それはそれで楽しかったみたいでした。親としては書いている内容が可愛くて、おかしくて、笑えましたけど。

ということで、無事終わったのはいいんだけれど、これからの長い夏をどう乗り切るか、それが次なる課題です。