読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カリフォルニア州一部地域で高カロリー子どもメニューの景品禁止

カリフォルニア州シリコンバレーにあるサンタクララ郡は27日、ファストフード店の子供向けメニューのうち、カロリー、脂肪、塩分、糖分の高いものにはおもちゃの景品をつけてはならないとする条例を可決した。こうした条例は全米で初めて。

同条例の対象となるのは、セットメニューで485キロカロリーを超えるものや、ナトリウム含有量が600ミリグラムを超えるもの、脂肪によるカロリーが全カロリーの35%を超えるもの、添加糖分によるカロリーが全カロリーの10%を超えるもの。単品でも200キロカロリーを超えるものやナトリウム含有量480ミリグラムを超えるものは規制の対象となる。

郡当局者は「この条例は、飲食店が子供のおもちゃ好きに付け込んで高カロリー、高脂肪、高ナトリウムのメニューを売りつけることを阻止し、子供の肥満問題に対応するものだ」と語り、ほかの郡や州にも同様の動きが広がることに期待感を示した。

条例の影響は、シリコンバレー地域の十数軒のファストフード店に及ぶ。条例案に反対する地元の業界団体は、地元紙に広告を掲載するなど抵抗を続けてきた。
業界団体が実施した地元住民への調査では、80%がおもちゃは重要な問題ではないと回答している。
条例施行まで、飲食店には5月11日から90日間の猶予が与えられる。 (CNN) 

いやぁ、これはいい。早くNYにもやってきて欲しいものだ。だって、息子がファーストフードに行きたい理由は「おもちゃ」だけだもの。あれさえなければ、子供だって「おいしいから」と食べに行きたい場所では決してないはずです。