読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Happy birthday to me

1年に1度のこの日がやってきた。こんな年になっちゃってるのに、なんだか楽しみにしている自分に気付く。

我が家のルールとしては、お誕生日の日には「女王様」になれる。好きなことをしていい、好きなものを食べていい、だってお誕生日なんだもの。


オットに頼むと「そこら辺」のケーキを買ってきかねないので、「女王様」は自分で車を走らせて30分、ヨーロッパ風のケーキを作ってくれるパティスリーでバースデイケーキを選んだ。
ディナーのチョイスは、ステーキハウスか韓国料理の間でちょっと迷ったけど、結局やっぱり韓国料理に。家族3人でおいしいお料理をお腹いっぱい頂いて、可愛い王子がバースデイソングを歌ってくれた。


そして、その次の日には、今度は気心知れた日本人友人と集まっておしゃべり&しゃぶしゃぶ大会。「女王様」はドライバーを従えて登場し、昼真っからバブリーな飲み物に舌鼓を打つ。
食べて、飲んで、しゃべって、食べて。
時間はあっという間に過ぎ去って、気付いたらシンデレラの門限をとうに過ぎている。
でもいいのだ、だって「女王様」だから。


友人の気遣いに彩られた料理はどれも絶品で、特にアメリカに来て初めて食べたしゃぶしゃぶにはひたすら感動。
しかも最後の最後には大サプライズが待ち受けていて、「女王様」の目はちょっと潤む。


お誕生日おめでとう。


ベッドに入ると魔法はとけて、目覚める朝には「女王様」は現実の世界に引き戻される。


今日からの365日も、頑張って歩こう。



それにしても。
2年前の同じ日に撮った写真と、今日のこの日にとった写真と、「女王様」のサイズが大きく変化していることに気付かされ、愕然としてしまった。
いかん、こんなんではいかん!!!!