読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臭い話の続き

昨日1日、窓という窓を開け、ドアというドアを開けて風を入れていましたが、いやぁ、この悪臭はかなり手ごわいです。
今日はそれでスカンク臭専用の消臭液を買ってきてガラージ中にスプレーし、それからブリーチ液を「現場」らしいところに流し込んで、それから家の中ではお香を焚いて、消臭キャンドルを点して、と、もうありたっけのことをしましたが、おかげでようやく臭いが消えてきたような気がします。
でも、クローゼットの中にしまっておいたバッグの内側の布に臭いが染みこんでしまったようで、これはドライクリーニングできないし、どうしたらいいものかと悩んでいます。
さらに、ガラージに止めてあった車の中に入り込んでしまった臭い、これがちっとも取れないのも困りものです。おかげで今日はジムに行ったら「スカンクの臭いがする」と言われてしまいました。

朝一番に来てくれたエクスタミネイターの人によると、一度「ぷー」をした場所には戻ってこないらしいとのことですが、別のスカンクが来てしまうかも知れないし、それで家の中に出入りできそうな隙間がある場所を深く掘って、フェンスを埋め込んでくれるということでした。罠をかけて捕獲もしてくれるということですが、その場合は、遠い山まで運んでいって放してきてくれるのだそうです。

なんでもいいから、もう2度とこんなことは起きて欲しくないです。もうへとへとに疲れました。
f:id:Lacy:20081016142200j:image
(スカンク臭を消す専用液)