読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本の野球少年が感染源だった!

こんな記事を見つけました。

『昨夏に米国で流行したはしかの感染源が、野球の遠征試合に出場するため訪米した日本人の少年(12)だったことが、米疾病対策センター(CDC)の報告書で21日、分かった。

 日本では未成年者のMMRワクチン接種率が低いのに対し、米国は接種を徹底しており、はしかの流行は激減している。CDCは今回の発生を「日本がウイルスの感染源」と断定。世界保健機関(WHO)にも報告した。

 CDCによると、この少年は昨年8月、東京から航空機でミシガン州デトロイトに入国。ペンシルベニア州で開かれたリトルリーグ・ワールドシリーズに参加した。少年が現地でのどの痛みや発熱、発疹(ほっしん)などの症状を訴えたことから、はしかとわかり、隔離された。

 その後、飛行機で少年の前列に座っていた女性(53)、デトロイト空港勤務の男性(25)、試合を見学に訪米した別の少年(12)に加え、ペンシルベニア州で少年に会ったビジネスマン(40)と、男性が訪れたテキサス州の男子大学生2人が2次感染していた。感染者はすでに全員回復している。(産経キュースより引用)』


そうなんです、私が子供の頃は「子供が皆なる病気」の代表であったはしか、水疱瘡、おたふく風邪などなど、アメリカではそれらに対しての予防接種を赤ちゃんの頃に済ませてしまうのです。この他にもA型B型肝炎の予防接種もあります。
病気を予防するんだから悪いことである訳がないと、一般的には理解されていますが、一方で、この予防接種と自閉症の発生に関連があるのではないかという説もあって、子供に一切の予防接種を受けさせないで過ごしている家族が、地域の学校から子供の入学を拒否された、なんてニュースもありました。基本的に肝炎を除くこれらの予防接種は義務なのですべての子供は受けなくてはならないのですが(州によって多少の違いがあるかも知れません)、宗教的な理由である場合は、その接種を免れることができます。しかし、この予防接種の記録がないために、公立の学校には入れなかったという訳です。

我が家でも息子がA型肝炎の接種を受ける際に医者からいろいろな説明を受けました。A型肝炎は慢性化したり死に至ることは極めてまれだそうですが、汚染された飲食物を介して経口感染するということで、念のためしておいた方がいいだろうと決断し接種してもらいました。また魚介類から感染することがあるということで、アジアに旅行する際には受けた方がいいと医者に言われた夫は過去に接種の経験があるそうです。

なおアメリカ側から言わせると、日本の予防接種事情はかなり遅れているのだそうです。事実、日本から乳児を連れてアメリカに滞在に来られたお母さんが、日本の小児科医から「アメリカにいる間に、いろいろな予防接種を受けさせてあげたほうがいい」とアドバイスされたそうです。

お国が違えば事情も違う、そんなことを考えさえられた記事でした。