読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウルトラ・スリム茶:その後

いやぁ、すごいことになりましたよ。ウルトラ・スリム茶。名前もすごいと思ったけど、その効果たるや…。たったの1杯飲んだだけで、数時間後から強烈にお腹が痛くなり始めました。いわゆる「しぶりっ腹」ってやつです。便秘薬体験者ならあの分かる独特の痛みです。しかし、それじゃ出そうかと思ってもまだ出ない、ただひたすら痛いんです。結局夜寝るまでにそれは解消されず、そのまま朝を迎えることになった訳ですが、朝起きた途端からまた痛みが…。もう朝ご飯どころじゃないんです。というか、あまりに痛くて食欲もわいてこない状態。

で、遅ればせながら箱のラベルを見てみますと、センナ、びわの葉、柿の葉、パパイヤの葉、オレンジの皮と、あと1つ「malva」という辞書によると「アオイ科ゼニアオイ属の植物の葉っぱ」が入っているらしい。センナ以外は、まぁ日本でもありそうな健康茶って感じに見えるんですが、箱の側面に説明が書いてありました。それによると「中国で伝統的に胃腸を洗浄するのに用いられている処方のハーブティーです。センナとアオイは便通を促し腸内を洗浄するのに役立ちます。柿とパパイヤは胃が健康的に作用するのを補助し、オレンジの皮は膨満感を和らげるのに効果的です。びわの葉は胃を冷やしてバランスを取るのに使われます。」
さらに下の方にはごく小さな字で「1カップのお茶を夜ご飯の後にお飲みください。24時間以内に2杯以上は飲まないでください。初めてお飲みになる方は、1つのティーバッグを2カップのお湯で薄めてお飲みください。飲んだ後にはさらに1カップのお湯を飲んでください」とかなんとか、もうお茶っていうよりも薬みたいな注意書きが書いてある。つまりこれって結局下剤だったってことですね。そうとは知らずに大失敗しました。

結局、痛みが解消されるまで3回もトイレに通うはめになりました。が、しかし、もうびっくりの、すっきりです!!!あまり詳しいことをお知らせする内容ではないので差し控えますが、あの痛みと引き換えにこれなのねぇと、妙な納得ができるだけの効果がありました。体重が一気に1キロ減りました。とにかくすごかったです。

ずっと若い頃には便秘で悩まされた経験もありますが、最近では旅先でちょっと調子が乱れたときになるくらいなもので、薬を飲んでまで解消するほどのレベルではありません。「スリム」なんて言葉に惹かれちゃったけど、スリムになるにはやっぱり日々の運動と適切な食事がキーですね。近道はないということです。