読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これだけは別

f:id:Lacy:20070306032515j:image
普段はチョコレートにはあまり興味のない私ですが、GODIVAブティックの前だけはどうしても素通りできません。なぜかというと、このブティックでしか手に入らない、ものすご〜くおいしいチョコレートがあるからです。

それがこの「チョコレートがけしたイチゴ」と「チョコレートとベリーのタルト」。イチゴの方はその日によってミルクチョコレートだったり、ダークチョコレートだったり、ホワイトチョコレートだったりいろいろで、私の好みとしてはダークといきたいところですが、あいにくこの日はミルクのみ。タルトの方はしっかりダークで、チョコレートで出来たカップの中にラズベリーとブルーベリーが入っていて、上からしっかりチョコレートがかけられているものです。

ベリーがまだ新鮮なうちに、買ったらその場ですぐ食べてしまいます。う〜〜ん、ベリーとチョコレートのコンビネーションは本当に最高!甘さと酸っぱさがたまりません。

GODIVAはデパートなどでも箱に入ったものが売られていますが、ブティックのものとは味が違うと聞いたことがあります。よく考えてみれば、デパートで売られているものは大抵が室温管理で(ちゃんと冷蔵庫が置かれているお店もありますが)、ブティックのものは冷蔵管理、確かに品物自体が違うとしか思えません。GODIVAは他のチョコレートに比べるとお値段もちょっと高め、このイチゴとタルトもそれぞれ$4、でも普段あまり食べないものだからこそ、食べると時にはおいしいものを食べたい、だからGODIVAブティックで頂くこのチョコレートは私にとってはちょっとしたご褒美気分です。

時々ですがこれを真似してスーパーで大きなイチゴが手に入った時には、自分でチョコレートにディップして作ることもあります。簡単でちょっと見栄えのいいデザートになります。

ただ残念なのがシラキュースにあったブティックはクローズしてしまったこと。これでまた都会に行かなくては手に入らないものが増えてしまいました。写真は先日のNYC旅行で立ち寄ったモールで撮りました。

ちなみにGOVIVAは日本では「ゴディバ」と呼ばれていますが、英語では「ゴダイバ」と発音する人が多いです。