読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しくしちゃった

Lacy2006-10-28

携帯電話を新しくしました。前に使っていたものはなんと5年前から使っていたので、今では「化石」みたいな電話でした。ディスプレイは白黒だし、カメラもついていなければ、音楽だってトーンだってダウンロードできないし。いわゆる電話としてだけしか機能しなかったモデル。もちろん当時はそれが普通のことだったのですが。

最近になってディスプレイがうまく表示されないようにはなってはいたものの、私の様に用事を足したい時だけに使用するには十分ではありましたが、さすがに周りにはもうこんなモデルを使っている人はいないようだし、やっぱりちょっと新しいものにも手を出して見たい。それで思い切ってアップグレードしに行って来たと言うわけです。

日本の携帯電話にはかなり出遅れていた感のあるアメリカの携帯電話事情ですが、今ではほとんど同じ様に見えます。でもこの夏の帰国の際に、友達に見せてもらった最新型の「四角い」デザインの電話は、まだこちらではあまり一般的ではないようで、ただ1機種だけ「チョコレート」(恐らく板チョコを連想させるから)と名づけられたモデルがあっただけでした。

安いモデルなら$80位からあって、それでもカラーだし、カメラは付いているし、私としては「これでいいよ〜」と思ったのですが、夫の薦めもあり二人揃って同じ機種にしました。キャンペーン中で1台買うともう1台が無料になるというもので、LG社製のボディが2つに折れるタイプのもの、お値段1台約$130ほど。

お店の人にアドレス帳のデータだけ移してもらって、他にもいろいろと簡単な説明は受けて帰ってきましたが、やっぱり自分でいじくってみないとなかなか覚えられないことが多くて。先ほどから説明書と電話のにらめっこが続いています。

テレビが見れたり、ゲームができたり、電話の枠を超えてかなりたくさんのことができるようなんですが、私はなんだか「電話」だけで終わっちゃいそうな予感。それでもカメラが付いているのはなんだか嬉しくて、明日になったら練習を兼ねた試し撮りをしてみたいと思っています。

とりあえず今のところできた事は、電話がかかってきた時に鳴る呼び出し音をJames Bluntの「You're beautiful」に設定できたこと!この曲、歌詞がなんだか切なくて、今気にいっていて車の中でよくかけている曲の1つです。

My life is brilliant. 僕の人生は素晴らしい
My love is pure. 僕の愛は清らかだ
I saw an angel 天使を見たんだ
Of that I'm sure. 間違いないよ
She smiled at me on the subway. 地下鉄で僕に微笑みかけた
She was with another man. 彼女は男と一緒だった
But I won't lose no sleep on that そんなこと全然気にしないさ
'Cause I've got a plan. だって僕にはいい考えがある

You're beautiful, You're beautiful, 君はきれいだ、きれいだよ
You're beautiful, it's true. 君はきれいだ、本当さ
I saw your face in a crowded place, 人ごみの中で君を見つけた
And I don't know what to do どうしたらいいのかな
'Cause I'll never be with you. 君と付き合うことができないなんて

Yeah, she caught my eye そうさ、彼女は僕の目に止まった
As we walked on by すれ違いざまのことだ
She could see from my face that I was 僕の表情から彼女は見て取れた
flying high 僕の舞い上がり振りを
And I don't think that I'll see her again 彼女にまた会うことはないだろう
But we shared a moment that will last till end でも心交わした瞬間は忘れることはないだろう

You're beautiful, You're beautiful, 君はきれいだ、きれいだよ
You're beautiful, it's true. 君はきれいだ、本当さ
There must be an angel with a smile on her face 微笑を浮かべた天使がいるに違いない
When she thought up that I should be with you それは僕と君が運命の出会いをする合図
But it's time to face the truth でも真実を受け止めよう
I will never be with you 君と付き合うことはできないこと